医者と患者が思う日本医療の問題点

日本の医療体制というのは世界でもトップクラスのものがあり、しかも誰もが格安で受けることが出来るものとなっています。
そのような日本の医療ですが、どのようなところに問題があるのかというとこの体制がいつまでも続くのかというものです。
高齢化社会の現代の日本社会では、これからますます医療に対する重要性というのが増してきますが、そのための財源というのが減少していくことになります。

今でこそ誰もが高度な医療を受けることが出来る状態になっていますが、これから先も同じような状態が続くとは限らず、むしろ今後は誰もが気軽に医療を受けることができなくなってくる可能性が出てくるのです。
財源がなくなれば今までと同じようなサービスが受けられませんから、考えられることは従来よりもサービスの質が大幅に低下をすることになり高度な医療を受けることができなくなってしまうか、あるいは質をそのままにするのであれば費用がかなり高騰してしまうかのどちらかということになります。

これはあくまでもこのままの状態が続けばということになりますが、実際にはそう遠くない未来にぶち当たる大きな問題であり、高齢者の数が増え働き手の数が減るようではいつかは今の状態でやっていくには無理が出てきてしまうことになります。
更にお金だけでなく、医療機関や医師の数というのも不足してくることになりますから、このままではお金があっても見てもらえなくなってしまうということも有り得る話となってきます。
世界でもトップクラスの環境がある日本でしたが、それはあくまでも今までの話でありこれがいつまでも同じであるという訳にはいかない現状となってきているのが、今の日本の医療の問題となります。

ページの先頭へ戻る