医療と貧血ときのこについて

体調不良の時には医療機関を利用しますが、医療でできるのは、その症状を抑えることです。貧血を治したくて医療機関を受診しても、症状を抑える内服薬を処方してもらえるのみです。貧血は体が酸欠になっている状態で有り、脳には酸素が不十分ですから、立ちくらみやめまいをお越しやすくなります。筋肉にも酸素が足りなくなって、だるくなったり肩こりが起こりやすくもあります。でもこの症状は、本人の心がけ次第で、随分と解消されていきます。

鉄欠乏性貧血は女性にも多く、そこのは無理なダイエットなどとも関連をしています。原因として考えられることとして、極端なダイエットは引き金になります。胃腸障害があったり、消化不良症候群などもゲインとなります。ダイエットや偏食は、食事からの鉄分の栄養素を摂取しにくくなります。環境や次期などのことも関連していて、成長期や発育期、妊娠や授乳期で鉄を必要とする機会が増えるときにも、足りなくなります。スポーツを激しくする人も、鉄分は不足しがちですから、補給をする必要があります。女性の場合は毎月の月経がありまうsから、鉄分の喪失は大きくなります。

貧血予防の食事メニューには、きのこと食材も使うといいです。きのこは低カロリーですから、ダイエットを気にする女性にも、食事の調理に利用はしやすいです。きのこは種類も豊富ですから、飽きることなく食事に取り入れやすい食材の一つとなります。きのこもいいですが、鉄分たっぷりのほかの食材とともに、たんぱく質も食べましょう。

タバコを吸う人であれば、貧血を解消するためにも、タバコをやめましょう。体内のビタミンCが激しく失われてしまいます。鉄分吸収には、豊富なビタミンCが必須です。

ページの先頭へ戻る