医療とナッツと高齢者について

医療機関での健康相談でも、生活の中での食事は大事にするように話は出るものです。医療は病気の症状を薬で抑えていくことはできますが、体を治すのは本人の日々の行いの結果でもあります。医療機関は手助けをしてくれますが、健康は自分が管理していくことです。食事はなんでも我慢をするのはストレスですから、高齢者でもナッツ類もおいしく食べたらいいのです。

高齢者の人は健康にも、若い人よりもずっと気を使うようになります。そんな高齢者も、種類やナッツ類を上手に取り入れて、ビタミンやミネラル、それから話題のファイトケミカルも摂取して、健康にも役立てることができです。免疫作用を高めたり、抗酸化作用を発揮させるのが、ファイトケミカルの働きでもあります。活性酸素物質の抑止にも作用しますし、病気のがんを予防したり、アンチエイジング飲み方でもあります。

ナッツの代表格でもあるアーモンドには、オレイン酸やポリフェノールがたくさん含まれています。アーモンドにはビタミンEもたっぷりですから、体内における血行を良くする効果もあります。くすみには、たっぷりのオメガ3系の脂肪酸が含まれています。心疾患や動脈硬化予防にもなる成分です。

一粒のナッツの、50%から60%程の割合が脂肪分ですが、不飽和脂肪酸ですから体にはよい脂肪です。生活習慣病予防に役立つオメガ6を含み、悪玉コレステロールを減らしてくれるオメガ3も豊富です。ビタミンやミネラル成分、タンパク質やミネラル、それに食物繊維などもたくさん含んでいます。食べ過ぎはカロリーオーバーになりますが、適量のナッツを食べるのは、健康の毛らしい効果を感じやすくなります。ナッツを食べることで、心血管疾患の予防にも役立ちます。

ページの先頭へ戻る